かくれんぼ / Hide-and-seek
気ままに綴る写真絵日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衰亡

先日、大台ケ原に行ってきました。
十数年ぶりです。

大台ケ原は奈良県と三重県の県境、吉野熊野国立公園内にある山です。
鹿児島県屋久島と並んで日本で一番年間降水量が多く、
鬱蒼とした深い森に覆われており、
江戸の中頃までは人跡未踏の地だったと言われます。

でも、大台ケ原中心部まで伸びる大台ケ原ドライブウェイがある現代は、
一般のハイカーでも手軽に訪れることができます。

大台ケ原には東大台、西大台、大杉谷というみっつのメジャーな登山コースがありますが、
大杉谷は平成 16 年 9 月の台風 21 号で崩壊し、
現在も進入禁止になっていますし、
西大台は 2007 年から自然公園法の『利用調整地区』に指定され、
事前に環境省の許可を取らなければ入れなくなっています。

そんなわけで、今回は東大台のみを歩いてきましたが、
実に、酷い有様でした。
想像以上に、森林の崩壊が進んでいたのです。

大台ケ原には実際何度も行っていますが、
行く度に、自然が荒れていくのを見てきました。
そして、十数年ぶりに見た東大台の姿は、
目を覆わんばかりの惨状でした。

苔

多雨地帯であることを反映して林床を埋め尽くしていた多種多様な苔も、
今は衰退し、殆どの場所で笹に置き換わっています。

かつて、ひとたび入れば帰ってこれない、
妖怪の棲む山と里人に恐れられた大台ケ原ですが、
こんな有様じゃ妖怪も棲めません。

今回、西大台には入れませんでした。
西大台はまだ原始の姿を留めた、僕の好きなコースですが、
今どうなっているのか分りません。

今年も大台ケ原は 11 月 24 日から冬の眠りにつきます。
来春、また森に緑が戻ってくる季節に、
再び大台ケ原を訪れてみようと思います。
その時は、西大台にも入るつもりです。

スポンサーサイト
コメント
コメント
森林が・・・
そうですか・・・。あちこちの森林で異変が起きているのですね。一見、変わりないように見える森でもよく見ると大分違ってきているようです。自然の警告は、もうこれ以上無視できないですね。
2009/11/23 (月) 17:48:21 | URL | 梅林餃子 #-[ 編集 ]
梅林餃子さん、
東大台の今の姿は、
初めて訪れた人には、不思議な自然の景観にしか見えないでしょうけども、
以前の姿を知る者にとっては、
脱力するほど悲しい光景です。
変化は、継続的に見ないと気づけないものだと、つくづく思いますね。
2009/11/24 (火) 23:41:39 | URL | はいど #/4P23VoM[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 かくれんぼ / Hide-and-seek all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。