かくれんぼ / Hide-and-seek
気ままに綴る写真絵日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014 年夏の英国 二日目 / United Kingdom in the summer of 2014, day 2

7 月 13 日、二日目の朝は雨が上がり、時々日も射す好い天気でした。

ネス湖へは、スコティッシュ・シティリンクというバスを利用します。

citylink

シティリンクは、スコットランド国内の 200 以上の町を結ぶ広域路線網を持つバスです。
今回は、3 day explorer pass という、5 日間のうち都合の良い 3 日を選んで全路線乗り放題という切符を事前購入していました。
わずか 41 ポンドですから、今回の旅程で充分元はとれます。

インヴァネスのバスステーションから、
ネス湖の西側にあるドラムナドロケットという集落までは 30 分ほど。
ドラムナドロケットには、ネス湖を紹介する展示施設があります。

The Loch Ness Centre

もちろん、ネッシーがその主題になっていますが、
ネッシーの存在の真偽について結論を出すのではなく、
ネス湖の誕生の歴史や、ネッシー騒動をきっかけにしたネス湖探査から得られた様々な知見を展示していて、
ネッシー、というより、『ネス湖の怪物』という、
何か得体の知れない大型生物はいるかもね、
いや、いるといいな、的な内容で、楽しかったです。

とはいえ、ドラムナドロケットには、
こういった展示施設以外に目立ったアトラクションはありませんし、
ネス湖から 1.7 km ほど離れていて、ここからはネス湖は見えませんから、
ネス湖の辺のアーカート城という古城跡に行ってみましょう。

ドラムナドロケットからアーカート城まではバスで 5 分。徒歩で 1 時間弱。
バスを待ってもいいのですが、ゆっくり徒歩で向かうことにしました。

スコットランドは高緯度地域ですから、涼しい国です。
涼しい、はずなんですが、なんででしょう、やたらと汗が出てきます。
涼しいとは言っても、日差しはそれなりに夏のそれですから、
日が出ると体感的にはやっぱり暑かったりするもんですね。

予想外の汗だく状態で、バスが走り去っていくのを横目に見ながら歩いていくと、
やがてネス湖の湖面が見えてきました。

ハイランドの羊たち

羊が放牧されていて、いかにも英国的な、牧歌的な風景ですが、
羊たちはすっかり毛を刈られていて、ちょっとみすぼらしい感じになっていました。
夏ですからね。羊たちにとってもこの方が過ごしやすいのでしょう。

さて、そこから更にもう少し歩いていくと、いよいよアーカート城が見えてきました。
13 世紀に築城されて以降、幾度となく戦の舞台となり、
1692 年、遂にイングランドによって破壊され、打ち捨てられて現在に至るという廃墟です。

さぁ、城に着きました。
広い駐車場を通ってビジターセンターに入り、
そこで入場料を払って階下に降りると、城への入場口があります。

アーカート城

いかにも廃墟といった風情ですね。
日本で城跡と言えば、せいぜい石垣だけを残して、
建物そのものは影も形もないというのが多いですが、
このアーカート城は少し形を残していますね。
さすがにもう人が住めるような状態ではありませんが、
中世の古城の遺構を今に伝える貴重な歴史遺産です。

度重なる戦の果てに破壊された城は今、
草花に覆われて穏やかな姿を湖面に映していました。

ネス湖観光のハイライトはどうやらネッシーよりもこのアーカート城であるらしく、
ドラムナドロケットには立ち寄らず、まっすぐここに来る人が少なくないようで、
ドラムナドロケットよりたくさんの観光客で賑わっていました。

アーカート城はネス湖に突き出した小さな岬の上に立っており、
城からはネス湖の湖面がすぐそばに見えます。

ネス湖

この湖のどこかに、未だ正体の不明な怪物が潜んでいるのでしょうか。
この後に乗ったバスの車窓から、一瞬、湖面で何かが動いたように見えましたが、
あれは何だったんでしょうねぇぇぇ......。

さて、実は夜 8 時までにエディンバラに戻らなければならないのですが、
バスでの移動になるので、あまり長くここには滞在できません。
ビジターセンターにも見るべきものがたくさんあったし、
土産物も買いたかったし食事もしたかったのですが、
わずか 1 時間でここを去らざるを得ませんでした。

再びバスに揺られてフォート・ウィリアムという町で降り、
バス停横のモリソンズというスーパーで昼食代わりのサンドイッチを買い、
再びグラスゴー行きのバスに乗りました。

グラスゴーまでは 3 時間あまり。
バスは、氷河が削ってできた素晴らしい景色の中を、
心地よく揺れながら走り抜けます。

[広告] VPS


英国は、ロンドンを中心に考えるとどうしても、
起伏の少ない平坦な国というイメージがありましたが、
ここスコットランドのハイランド地方はとても起伏に富んだ美しい土地です。
こんな山や谷を、かつてハイランドの戦士たちが駆け回っていたんですね。
また来る機会があれば、もっと時間をかけてスコットランドを探検したいと思っています。

そうこうしているうちにバスはグラスゴーに近づいていき、
車窓から見えるのは無機質な都会の景色ばかりになってきました。

グラスゴーのバスステーションでエディンバラ行きのバスに乗り換えです。

エディンバラ行きのバスを待っている間、バスステーションの周りを少し歩いてみましたが、

Glasgow

グラスゴーはさすがこの地域最大の工業都市だけあって、
凄い都会です。

グラスゴーの時計

そんな中に、こんな面白い形をした時計なんかがあったりして、
なかなか興味深い街です。

さぁ、エディンバラ行きのバスが来ました。
ここからエディンバラまでは 1 時間 15 分。
エディンバラには宿を二泊予約してあります。

三日目はエディンバラの街を探検するつもりです。

__________________________________

It was cloudy with occasional sunshine on 13 July.

I got on the bus to go to Loch Ness.
It took 30 minutes to get to Drumnadrochit, which is a village situated on the west side of Loch Ness.

There was a museum, The Loch Ness Centre and Exhibition, in the village.

The extraordinary exhibition on the geological history and the ecosystem of Loch Ness, including the controversial Loch Ness Monster, was so exciting for me.
Although there is no scientific evidence of any mysterious monsters, the legend of the Loch Ness Monster has motivated people to investigate Loch Ness thoroughly.

Nessieland, another attraction next to the museum, was also nice.
There were exhibition of Nessie such as photographs and videos and a playroom for kids.

Urquhart Castle, which is located at a cape on the west coast of Loch Ness, is about 3 km away from this village.
It took a little less than an hour to get to the castle on foot.

Scotland was cooler than Japan, but the sunshine was very warm.
I walked dripping with sweat.
Pastoral scenes with flowers, insects, and sheep delighted me.

Urquhart Castle was being crowded with holidaymakers when I reached the castle.

Urquhart Castle was constructed in the 13th century and destructed partially in 1692.
The castle, which had experienced a lot of fighting, was standing by Loch Ness in a peaceful air.
I thought that a combination between the history of war and the mystery of the Loch Ness Monster was a bit funny.

I hurriedly left the lake because I was going to get to Edinburgh by 8 p.m..
I got on the bus until Fort William and then changed for Glasgow.

The hilly terrain of Scottish Highlands was carved out by glaciers.
The hills and valleys were the fields to fight for brave highlanders.

The bus ran across the beautiful land shaking the passengers pleasantly.

I arrived at Glasgow at 6 p.m..
Glasgow is the biggest city in Scotland and a very popular destination for holidaymakers.
But I had to set off for Edinburgh soon.

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 かくれんぼ / Hide-and-seek all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。