かくれんぼ / Hide-and-seek
気ままに綴る写真絵日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虫の話題、2題

ひとつめ。

先日、通勤途中の歩道上を、1匹のイモムシがえっちらおっちら歩いていました。
マスカット色の、きれいな幼虫です。
これでは誰かに踏まれてしまうではないかと、手で摘まみ上げると、
黄色いツノ(臭角)を出して臭いを放ちました。
これはまごうことなき、アゲハチョウの仲間ですね。
でも残念ながら種類が分かりません。
種類が分からなければ、食草も分からないので、
適当にそこらの茂みに放り込むわけにもいきません。

職場はもうすぐ近くなので、とりあえず職場に行って、
始業前にネット検索してみましたら、
どうもアオスジアゲハの幼虫ではないかと思われます。
そうすると、食草はクスノキ科の植物のようです。
そういえば、それっぽい街路樹がそばにありました。

でも、ネットで調べていて知ったのですが、アオスジアゲハの幼虫は、
蛹になる時、地上に降りて別の場所に移動することがあるようなのです。

ということは、これは蛹化前の移動中だったのでしょうか。

それならば、元の木でなくとも蛹化に適した場所ならどこでも良さそうです。

というわけで、職場の花壇に放してみました。

アオスジアゲハの終齢幼虫

でも、暫くしてもう一度様子を見に行ったら、姿が見えなくなっていました。
ここが気に入らなくて、また旅に出たのでしょうか......。

ふたつめ。

久しぶりに山の中を歩いていたら、
木の枝に妙なものがぶら下がっていました。
大きな枯れ葉のようにも見えますが、違います。

双眼鏡で見てみると、

蜂の巣

蜂の巣ですね。

でも、こんなぶどうの房のような妙な形の蜂の巣は見たことありません。
アシナガバチの仲間であろうとは想像できますが、
既にもぬけの殻です。

それにしても、蜂の巣の形状は種類によって実にバリエーション豊かです。
スズメバチの巣なんかは芸術的ですらあります。

さて、この巣の主が何であったか、気になるところではありますが、
とりあえず調べた限りでは分かりません。
そのうち良い資料でも見つかれば、明らかになるでしょう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ひとつめ。先日、通勤途中の歩道上を、1匹のイモムシがえっちらおっちら歩いていました。マスカット色の
2012/11/23(金) 12:02:46 | まっとめBLOG速報
copyright © 2017 かくれんぼ / Hide-and-seek all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。