FC2ブログ
かくれんぼ / Hide-and-seek
気ままに綴る写真絵日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬鹿と言う奴が馬鹿 / Deer with strong arms

相変わらず残暑厳しい日が続きますが、
それでも、ツクツクホウシが鳴いているのを聞くと、
漸く夏も終わろうとしているのだと、
しみじみ感じる今日この頃です。

さて、ちょっと所用にて、
奈良県奈良市に行ってまいりました。
奈良市は盆地ですから、やっぱり、ちょっと暑さが厳しい感じがします。

で、ついでに春日大社にお参りしたり、
奈良国立博物館で特別展「頼朝と重源」を観に行ったりと、
ちょっとご無沙汰だった奈良市を堪能しておりました。

それにしても、奈良市へ行って何を見てくるか、と問われた時、
やっぱり鹿は決して外すことのできない奈良市の風物でありましょう。
というより、奈良公園近辺を歩けば、嫌でも目に入るんですけどね。

奈良の雄鹿

何か考えているような、でも何も考えていないような表情といい、
観光客が持つ鹿せんべいを横目で虎視眈々と狙う抜け目のなさといい、
何度見ても、奈良の鹿は心が和みます。

ただし、これから奈良の鹿も求愛の季節を迎えますので、
こんなふうに立派な角を持っている雄は不用意に近づくと攻撃してきます。
要注意です。

ところで、鹿を見ながらふと思いました。
馬と鹿、と書いて、バカ、と読みますが、
馬と鹿は本当にそんな罵り言葉の例えに使われるほどバカなんでしょうか。
そういえば、以前、『トリビアの泉』で、
馬と鹿にバカを競わせるというのがありましたね。
結局、どっちがよりバカだったのでしたっけ。

でも、よくよく考えれば人間を基準とした物差しで馬や鹿のバカさ加減を評価しようというのがそもそもおかしな話ではあります。
人間と動物の脳の働きは決して同じではありません。
人間が優れている面もあれば、馬や鹿の方が優れている面もあるでしょう。
彼らの方が優れている面を基準にすれば、
当然人間は彼らに比べてバカだということになるわけですから、
まぁ、つまりは不毛な議論なわけです。

もちろん、バラエティ番組のおもしろおかしい話題をくだらないことと切り捨てる気は毛頭ありませんが、
何かにつけ日頃から馬鹿だ馬鹿だと笑われる馬や鹿の気持ちを思うと、
なんだかちょっと切なくなります。

あ、一応念のため言っておけば、
奈良の鹿はもちろん大事にされていますよ。
なんたって、春日大社の神様の遣い、即ち神鹿ですから。
しかも奈良の観光客誘致にも一役買っているとなれば、
なかなかどうして、馬鹿にしたもんじゃありません。

______________________________________________________

The city of Nara is famous for Japanese deers.
We can easily have contact with them in the whole area of Nara Park.

Kasuga-taisha shrine has protected the deers that have been the divine messengers.
That is the reason why people don't interfere with their free roaming.

You can buy deer food at stalls in the park if you would like to have more close contact with them.
They are, however, sometimes aggressive because they are wild deers that migrate between mountains and the park.

Male deers are finishing their antler growth.
Their courtship season is coming.

スポンサーサイト
コメント
コメント
奈良はいいですね
年々、奈良が好きになるような気がします。
歴史とか、長い時間が、あっという間に感じられるので、ほかの都会とは違う感じ。京都ほど観光地化されておらず、どこかのんびりしたところがあるのも好きですね。鹿は神様のお使い、大切にしてやりたいなぁと思います。
2012/09/25 (火) 23:18:38 | URL | 梅林 #-[ 編集 ]
奈良、好いですよ
京都は平安から幕末まで帝のおわす都でしたから、
文化も町並みも非常に洗練されていますが、
一方で奈良は古代の大和朝廷があったところですから、
ほどよく古代の趣を残した素朴な土地柄です。
実のところ、僕は奈良の方により愛着を感じていますので、
わりと奈良を訪れる機会が多いのです。
鹿もいますしね^-^
2012/09/29 (土) 11:18:06 | URL | はいど #/4P23VoM[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 かくれんぼ / Hide-and-seek all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。