かくれんぼ / Hide-and-seek
気ままに綴る写真絵日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地獄絵 / Hell imagery

連休中、奈良県宇陀市の室生寺に行ってきました。
『女人高野』の名でも知られた古刹です。

4月末から5月初めにかけて、室生寺の境内ではシャクナゲが満開になります。
ちょうど黄金週間とも重なりますから、結構な人出になります。

まぁ、室生寺のシャクナゲの写真を載せているサイトは他にいくらでもありますから、
敢えてここにシャクナゲの写真を載せることはしません。

代わりに、こんなものはどうでしょう。

室生寺奥の院の地獄絵

もう随分古くなって、色あせ、所々欠落していますが、
室生寺奥の院にかかっている地獄絵です。

奥の院は、国宝に指定されている五重塔の脇から鬱蒼とした森に包まれた数百段の石段を上った先にあります。
誰も彼もが苦悶の表情を浮かべながら上っていきます。
殆どの人が、途中に何度も休憩を挟んでいきますが、
僕は休むことなく一気に上りきりました。

死ぬかと思いました。

息も絶え絶えの参拝者の目に、
真っ赤なでかい面した閻魔様の絵姿はなかなかにインパクトがあります。
そして閻魔様の見つめる先には、針山地獄や血の池地獄が......。
左端では亡者の群れが、
何やらでかい三つ目の赤鬼に何かを吐きかけられーの、
ぐらぐら沸騰した釜の中で茹でられーの、えらいことになっております。

左上には極楽が見えております。
極楽の右端に立つ人物が垂らす糸のようなものに、
二人の亡者が必死ですがりつこうとしています。

地獄の亡者達は、煌煌と輝きを放つ極楽を見上げながら、
永遠に続く阿鼻叫喚の中で悶え苦しんでいるのでしょうか。
おお、恐い。地獄は嫌すぎる......。

かたやシャクナゲに心癒され、
かたや地獄絵に胸騒ぎを覚えさせられ、
室生寺はやはり奥が深いなぁ、と。

好いですよ、室生寺。
国宝もいっぱいあるし。

__________

Muro-ji Temple is located in Uda City, Nara Prefecture.
It is said that the temple was established in the second half of the 8th century.

I visited the temple on the 4th of May.

Muro-ji has many National Treasures and Important Cultural Properties.
Miei-do, the hall sacred to the founder of Shingon Buddhism, has also been designated as an Important Cultural Property.
To reach the hall, visitors have to go up hundreds of stone steps in the forest.
It was really hard for my heart to walk up the flight of steps.

An impressive painting was put up at the front of the hall.
That was the imagery of Hell which had been dedicated by worshippers.

A man with a big red face on the right side is the judge in Hell.
Dead people found guilty will be plunged into the needle mountain, blood basin, or boiling water by demons with horns.
However, they can no longer die.

Heaven is depicted at the upper left.

Dead people in Hell will be tortured longing for Heaven forever.

Such an appalling concept of Hell has been utilised to warn people not to do evil.
I'm damned if I go to Hell.

You can also see another imagery of Hell on YouTube.
What a gruesome video it is!

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは
室生寺は二年前のお正月に行ってきました。
朝一番開門前に到着しました。
参拝人も観光客もいなく、家族四人でお参りをしました。
五重塔まで行きましたが、奥の院までは誰も行こうとしなかった。
一人ではとても行く気にはなりませんでした。
無理矢理でも誰かを連れていけばよかったと、
いまも後悔をしています。体力大丈夫かな!?

本当は雪景色の室生寺を期待していましたが、
まだまだ早かったようです。

シャクナゲの花を一枚でいいから、見せてほしいなぁと思いました。
2011/05/10 (火) 10:40:17 | URL | 秋桜 #-[ 編集 ]
秋桜さん、
シャクナゲはフィルムカメラで撮影したので、まだ現像が終わっていないのです。
でも、室生寺のシャクナゲの写真はインターネット検索すると山ほど出てくるので、
今更ここに載せても新味に欠けるな、って感じで、載せる気にならないのです。
すいません......。

雪の室生寺は僕も未体験ですが、
とても美しいそうですね。
いずれは観に行きたいものです。

秋桜さんも、いつか雪の室生寺が観られるといいですね。
その時は是非、体力をつけて、奥の院にも挑戦してください^-^
2011/05/11 (水) 08:44:01 | URL | はいど #/4P23VoM[ 編集 ]
おひさしぶりです(改名)
今度からfc2ブログに引っ越してきました。
これからまたよろしくおねがいしますw

地獄絵w 興味深いですね。
はいどさんは元気ですかw
2011/05/26 (木) 17:49:30 | URL | こっぺさま #OVtA6OIQ[ 編集 ]
こぶさたしております
おひさしぶりです、えぇと、こっぺさま^-^

あちらのブログは時々覗かせていただいておりましたので、
なんとも急なことで驚いております。
いったい何やったんですか......^-^;

僕の方は、更新頻度は激落ちですが、まぁなんとか元気にやっております。
地獄絵は、なかなか奥が深いですよ。
子どもの躾のためにも、一家に一枚飾っておいてもいいくらいかもしれません^-^
2011/05/27 (金) 08:23:13 | URL | はいど #/4P23VoM[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 かくれんぼ / Hide-and-seek all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。