FC2ブログ
かくれんぼ / Hide-and-seek
気ままに綴る写真絵日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共感 / Empathy

東北地方太平洋沖地震と、それに伴う大津波の発生から 10 日が過ぎました。
80 歳の女性と 16 歳の孫が 9 日ぶりに奇跡的に救助されたという報道がある一方で、
確認された死者の数は、16 年前の阪神淡路大震災を超える 8 千人余りとなりました。
行方不明者は約 1 万 3 千人。
まさに未曾有の天災です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
ご遺族の方にはお悔やみを、被災された方にはお見舞いを申し上げます。

震災以降、報道は現地の被害の状況、被災者の置かれた過酷な状況を繰り返し伝えてきました。
瓦礫の山と化した町や集落、
支援も物資も届かない中、空腹と寒さに耐える被災者の姿、
福島第一原発の異常事態と放射能汚染に怯える人々の声、
どれもが、僕が住んでいる関西から見ると、同じ日本とは思えない光景です。

関西では、街往く人々の様子は日常と変わらないし、
スーパーに行けば、カップラーメンの棚がすっからかんであることを除けば、
いつものように有り余るほどの食料品や日用品で溢れています。

こんな環境の中にいると、被災地の状況が現実離れして見えてしまいます。
被災地の人々の苦難を想像することはできても、
共感するというのはなかなか難しいものです。

それでも、苦しんでいる人達は現実にいて、支援を必要としています。
支援活動をするために現地に飛ぶのは難しいですが、
義援金を送ることは今すぐにでもできます。

振替払込請求書

街頭募金も盛んに行われていますが、
僕は郵便局で払込をしてきました。
今はこんなことくらいしかできることがありませんが、
僅かでも復興に役立ててもらえるなら嬉しく思います。

福島第一原発はなんとか事態の沈静化に向かっているようです。
放射能汚染の影響が少しずつ現れてきていますが、
これらもいずれは収まるでしょう。

日本はこれまでに幾度となく戦火や自然災害に見舞われてきましたが、
その度に驚異的な回復力を見せてきました。
復興への道のりは決して易いものではありませんが、
それを成し遂げるのはもちろん、なお一層の進歩を、
支援の手を差し伸べてくれた世界の人々に示すことができると信じています。

__________

A powerful earthquake of 9.0 magnitude followed by a massive tsunami hit the north east of Japan on the 11th of March.
Some towns facing the Pacific Ocean were wiped out by the tsunami.

A large number of people were killed in the disaster.
A huge number of survivors are still in a difficult situation due to destruction of lifelines.
The people also fear the nuclear crisis at the Fukushima Daiichi nuclear power plant.

The world has been shocked and offered support to Japan.
I want to give thanks to the world.

Osaka where I live in is safe, although it experienced a slight tremor at that time.
The distance from the stricken area makes it difficult for me to realise the severity of the situation.
But I know the sufferers need a lot of support to reconstruct their ordinary lives.
I have donated money to Japanese Red Cross Society.

I believe Japan will make a remarkable recovery to repay the world's kindness.

スポンサーサイト
コメント
コメント
世界中から
世界各国で大きなニュースになっているようですね。
ずっと昔に留学していたフロリダの友人から、Facebookを通じて「大丈夫?」と連絡をもらい、そのとき、とても心強く感じました。
原発付近やその内部で作業にあたる人、避難生活を続ける人たちのことを考えるとどうしようもなく心が痛むけれど、やはり今自分にできるのは募金かなとわたしも思います。
2011/03/27 (日) 01:45:40 | URL | 梅林餃子 #-[ 編集 ]
梅林餃子さん、
今回の震災は、その被害の規模の大きさもさることながら、
被災者達の我慢強さや原発作業員の滅私の行動もまた世界の注目を浴びていますが、
一方で、行政、特に中央政府の無策ぶりも白日の下に曝されています。
情けないことです。

僕も現地に行って支援活動をできたら良いのですが、
現実にはなかなか難しい状況です。
2011/03/27 (日) 08:32:26 | URL | はいど #/4P23VoM[ 編集 ]
こんにちは、ご無沙汰してます。
なかなか厳しさから開放されない現地の様子に心が痛いです。

震災後すぐに東京のカメラマングループにメールをしました。
特に「消息情報」としてweb上に名前にプラスして写真掲載をする
プロジェクト立ち上げを提案しました。

関東では時間停電があり、5日経過してからメールを見ました。
仲間と話し合ってみますと返事がありました。
(現実は被災者にカメラを向ける難しさもあります。)

現在NHKでも取材のムービーを使って「消息情報」がアップされてます。
(残念ながら数十件のみでした。すべてのメディアが30万人?を
カバーしてくれれば良いのだが)

現実はなにもお手伝いできない苛立ちが募りつつあります。
今は募金でがんばります・・

2011/03/29 (火) 15:33:08 | URL | ken #nn2s4Z0M[ 編集 ]
ken さん、
ken さんの提案は意義深いとは思いますが、
現実的には難しいでしょうね。
その後の進展はあったのでしょうか。

現地で復興援助ができれば良いのですが、
僕も今は義援金を出すだけ。
ソフトバンクの社長には遥かに及ばぬ金額ですが。
2011/04/05 (火) 06:28:56 | URL | はいど #/4P23VoM[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 かくれんぼ / Hide-and-seek all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。